まつげ美容液 ルミガン 通販

ルミガンの副作用

まつ毛が伸びると噂のルミガン、副作用はないのでしょうか?

 

そもそもルミガンは緑内障(視野が狭くなる目の病気)の治療薬として開発、承認された医療用の医薬品ですので、ある程度の安全性は確実にクリアしています。

 

そのなかで、まつ毛の伸長やまつ毛が太くなるといった副作用があげられました。
その副作用に注目して「適用外使用」、つまり、緑内障じゃないけどまつ毛を伸ばしたいから使う、といった使い方で注目されています。

 

ルミガンの使い方ですが、緑内障の治療薬として使う場合には点眼するのですが、まつ毛を伸ばすためには上まぶたのまつ毛の生え際に塗るといった使い方をします。

 

 

では副作用についてみてみましょう。

 

ルミガン点眼液の添付文書(使用説明書)によりますと、臨床試験での総症例 323 例中 259 例(80.19%)に副作用がみられています。

 

…結構多いですね。
使用者の8割以上がなんらかの副作用を訴えています。

 

では内容を見てみましょう。
その中でも主な副作用は、
睫毛の異常149 例(46.13%)、結膜充血 147 例(45.51%)、眼瞼色素沈着 62 例(19.20%)、虹彩色素沈着40 例(12.38%)などとなっています。

 

まつ毛の異常が46%と一番多くなっていますね。
このまつ毛の異常とは、まつ毛が太くなったり長くなったりすることですからこれはいいですね。

 

次に多いのが結膜充血ですが、これは薬液がなんらかの形で炎症反応を引き起こしてしまうことで起きます。
点眼剤にはよくある副作用ですが、まつ毛の生え際に塗るといった使い方であれば、目に入らないように注意すれば大丈夫でしょう。

 

次に多いのが眼瞼色素沈着。まぶたの色が黒ずんでしまうことです。
これには気を付けないといけませんね。

 

しかし、まぶたの色素沈着は一過性だと言われています。
つまり、ルミガンの使用をやめたら色素沈着は消えるということです。
もし色素沈着してしまったら、ルミガンの使用をしばらく控えれば大丈夫、元に戻ります。

 

虹彩色素沈着は、虹彩(いわゆる黒目)が黒ずむことです。これは欧米人に顕著にみられるもので、日本人のような黒や茶の瞳の人には色素沈着してもわかりにくいため報告が少ないそうです。

 

いかがでしょうか。
8割以上が副作用を訴えたということで、見てみましたが、重大な副作用はなさそうですね。
まぶたの色素沈着にだけ気を付ければ大丈夫そうです。

 

それでも不安がある人は、「バンビウィンク」というサプリメントがおすすめです。
ビオチン、ポリアミンといった栄養成分が主成分の飲むサプリメントですが、副作用はほとんどありません。全然ないと言っても過言ではないくらいです。
安心して、まつ毛のふさふさをサポートしてくれますよ。

ルミガンはアラガン社が販売元です。

ルミガンはアラガン社というところの製品です。アラガン社とは1948年、たった2人の研究者によって「ALLERGAN点鼻薬」という、抗アレルギー点鼻薬の開発に成功しました。以来、眼科医の友人などと更に開発を進め、今ではアイケア、神経科、皮膚科、美容医療、泌尿器科などの有力な製品を抱える会社へと発展してきた会社です。又、現在では日本にも拠点を構えています。
そのなかでも売り上げの半分は眼科領域となっています。
海外拠点数としては100カ国以上に渡り、従業員の中で博士号を持っている人は実に300名にも昇っています。
ですから、決してルミガンは怪しいものではありませんし、きちんとホームページにお客様相談窓口としてフリーダイヤルもございますのでルミガンそのものに関しては安心してご購入されたら宜しいかと思います。
ただ、私がアラガン社についてここまで特筆したのは、皆様に偽物を買ってほしくないからです。製薬会社に疎い私は「アラガン社」という会社の名前を気にしたことがありませんでしたので、もしも私と同じような方がルミガンを買おう、と、インターネットを開いて、「ルミガン」という名前だけしか見ずに買ってしまったとしたらそれは完全に偽物ですし、安全性の保障などありません。ですから、ルミガンを購入されるときは必ず「アラガン社」、と、一緒に覚えて置いていただけたら幸いです。

【体験談】ルミガンは私にやさしかった

美を追求する女性達の間では言わずと知れた「ルミガン」は確かに効果があります。生えて来ます。そして、元々が医療品であったということも納得出来るのが、マツエクのグルーではかぶれる私にもルミガンは優しかったです。
しかもマツエクは繰り返すうちにまつ毛がなくなっていくし、お金もかかるし、なんといっても洗顔やクレンジングにとても気を遣いますよね。でも、ルミガンは薬を利用して自分のまつ毛を増やすというものですし、コストも断然安く済みます。
ルミガンは元々、緑内障の治療に使用されていたものだそうです。そして、患者がまつ毛がふさふさになった、と言ったのをきっかけに実験してみて確かな効果を確認してアラガン社がアイブラシをつけて売り出し、今や、まつ毛の育毛剤としての知名度も上げました。
マスカラですとかマツエクとか、女性達は如何にまつ毛に翻弄され、余計なお金と余計な気の遣い方をして来たか考えると私ももと早くルミガンに会いたかったと思ったほどでした。
本当に少量、まつ毛の生えてくるところにブラシで一筆塗るだけなので、普通、1個で大体1ヶ月以上は持ちます。金額も安いですし、とにかく自分のまつ毛が増えるだけ、という手軽さですから是非、使ってみては如何でしょうか。

ルミガンの保管方法

ルミガンは冷蔵庫などには入れずに、15度から30度の室温で保管しましょう。そして、ブラシは片目ずつ、洗って使い分けてください、ということですがブラシが乾くのを毎日待っていられる人はかなり少ないと思いますので、2本用意しておけばいいかと思います。そして、ルミガンを塗ってから15分は乾くのを待たなければいけませんのでその間に次の日の為にブラシを2本洗えばいいかと思います。これは飽くまでも私の個人的な合理主義に基づいた提案です。
そして、15分経過してもまだ乾ききっていない場合は余分な液なので、綿棒でそっとふきとってあげたら完了です。そのあとであればコンタクトレンズを装用しても大丈夫とのことです。
保管温度は四季のある日本では案外難しい温度ですので、真冬とか真夏はそれなりの部屋に置きかえてください。特に神経質になる必要はありませんが、真冬の夜の使用していない部屋に置いておくと液体が固まりやすくなることがありますので使う1時間前くらいにはリビングとか、温かい部屋に置いておかれたほうがスムーズに使えると思います。
使用期限は製造後3年とのことですが、開封したら2,3か月をメドに使い切って戴いたほうが宜しいかと思います。

更新履歴